CSRヒストリー

1974年
(昭和49年)
創業
1996年
(平成8年)
大東建託QC活動開始
1999年
(平成11年)
ケアパートナー㈱を設立し、介護事業へ進出
2002年
(平成14年)
環境推進プロジェクト発足
情報保護委員会発足
2005年
(平成17年)
環境推進プロジェクトが環境経営プロジェクトに名称変更
グリーン購入の開始
障がい者雇用を目的とした特例子会社 大東コーポレートサービス㈱を設立
情報システム部がISO9001認証を取得
2006年
(平成18年)
内部通報相談窓口の設置
定年後再雇用制度の開始
2007年
(平成19年)
環境基本方針の制定
環境経営プロジェクトを環境経営PJに名称変更
2008年
(平成21年)
コンプライアンス推進室の設置
環境報告書創刊
2009年
(平成22年)
障がい者相談窓口の設置
環境への取組みを国内グループ全社で開始
2010年
(平成22年)
コンプライアンス研修の開始
2011年
(平成23年)
CSR推進部発足
CSRレポート創刊
東日本大震災応急仮設住宅の建設
内部通報社外窓口の設置
2012年
(平成24年)
震災復興を目的とした大東建託グループあしなが基金を設立
賃貸住宅の屋根を活用する太陽光発電事業に参入
三陸沿岸地域の産業復興を支援する「気仙スギ」の活用を開始
第1回賃貸住宅コンペ開始
BPC(事業継続計画)プロジェクトの発足
働く女性のための賃貸住宅「女子ゴコロ100%プロジェクト」の開始
2013年
(平成25年)
ケアパートナー㈱が保育所事業「キッズパートナー」を開始し、保育事業に参入
2014年
(平成26年)
「私たちの約束」制定
統合報告書創刊
ベトナム人技能実習生向け技能教育・受け入れ支援を開始
アスリート支援プロジェクトチーム大東結成
大東建託グループライトダウン運動(現:ライトダウンキャンペーン)開始
「賃貸住宅未来研究所」発足
仮囲いアートギャラリーの開始
2015年
(平成27年)
明海大学不動産学部との共同研究などを開始
チーム大東と昭和大学スポーツ運動科学研究所が提携
大東建託グループあしなが基金は、地方創生・災害復興を目的とする大東建託グループみらい基金
親子で工事現場を体験していただく「親子体験会」イベントの開始
グリーンカーテン運動(現:グリーンカーテンプロジェクト)の開始
仕事と介護の両立支援プログラムの開始
従業員満足度調査「D-COMPASS(ディーコンパス)」開始
2016年
(平成28年)
イクボス企業同盟に加盟
建築模型専門ミュージアム「建築倉庫」での建築模型展示の開始
「働き方改革宣言」
2017年
(平成29年)
福島・東北復興イベント「fukushimaさくらプロジェクト」への協賛開始
日本初のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準を満たす賃貸集合住宅が完成
2018年
(平成30年)
全国228支店にAEDを設置し、AED講習会を実施
建築現場へのAED設置と近隣住民を対象にしたAED講習会を開始
ZEH基準を満たす集合住宅を供給する建設業者として「ZEHデベロッパー」に登録
「気候変動イニシアチブ(JCI)」へ参加
サービス付き高齢者住宅第1号棟「エルダーガーデン簗瀬」完成
MSCIジャパンESGセレクトリーダーズ指数構成銘柄に選定
S&P/JPXカーボン・エフィシエント指数で最高位を獲得
2019年
(平成31年)
環境イニシアチブ「RE100」に加盟
温室効果ガス削減目標が「SBT」イニシアチブの認証を取得
MSCI日本株女性活躍指数構成銘柄に選定
いい部屋ネット 街の住みここちランキング2019<首都圏版>を初公表
「気候変動財務情報開示タスクフォース(TDFD)」の提言に賛同
建築現場に「災害救済ベンダー」設置開始
大東建託協力会・造作大工No.1決定戦「第1回全国匠マイスター技能選手権」開催

企業情報