大東建託

環境への取り組み

環境中長期目標とその達成状況

大東建託グループは「環境中長期目標」に基づき、その達成に向けた具体的な取り組み内容や行動計画を毎年検討・実践しています。同時に、SDGsに沿った取り組みについても検討を行っています。これからも環境目標の達成と同時にグローバルな社会課題解決に向けて、取り組みを推進していきます。

「低炭素社会」

「低炭素社会」

スコープ1:事業者自らによる直接排出(ガソリン、ガス 等)
スコープ2:他社から供給された電気等の資料に伴う間接排出(電力、蒸気、冷水 等)
スコープ3:スコープ1、スコープ2以外の間接排出(事業者の活動に関する他社の排出)(資材調達、廃棄物、建設、輸送、出張、通勤等からの排出)

「循環型社会」

「循環型社会」

「自然共生社会」

「自然共生社会」,その他
当社グループの環境への取り組みとSDGsについて
当社グループの事業活動自体が、SDGsで掲げる目標に対応しています。その中で、特に環境に関する活動をSDGsの関連性は下記のとおりです。
SDGs 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 太陽光発電事業
  • RE100加盟
  • ZEH賃貸住宅の販売
SDGs 11 住み続けられるまちづくりを
  • 高耐久住宅の提供
  • 【当社グループの基準】
    • 一次消費エネルギー等級5
    • 断熱等性能等級4
    • 耐震等級1
SDGs 12 つくる責任 つかう責任
  • 廃棄物のリサイクル促進
  • 廃棄物の出ない資材開発
  • 廃プラスチック削減
SDGs 13 気候変動に具体的な対策を
  • 温室効果ガス削減の
    取り組み促進
  • SBT目標設定
SDGs 14 海の豊かさを守ろう
  • 廃プラスチック削減
  • 水使用量・排水量の削減
SDGs 15 陸の豊かさも守ろう
  • 木材の積極的な活用
  • 国産材の活用促進
  • 生物多様性保全の取り組み
SDGs(SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS)