大東建託

環境への取り組み

Our focus - 脱炭素を実現する

再生可能エネルギー100%に向けて

事業所への再生可能エネルギー導入開始

2020年7月から全国の636事業所において、再生可能エネルギー電力の導入を順次開始しています(初年度は202事業所が対象)。非化石証書を組み合わせた、実質再生可能エネルギー電力の導入を行い、再生可能エネルギー電力利用量は10,528MWhとなりました。これは、当社グループにおける総電力使用量の約24.6%に達する見込みです。今後、再生可能エネルギー電力を施工現場などにも導入し、2040年度には再生可能エネルギー100%とすることを目指します。

事業所への再生可能エネルギー導入開始
ROOFLAG(ルーフラッグ)も100%再生可能エネルギー

2020年6月にオープンしたROOFLAG(ルーフラッグ)賃貸住宅未来展示場では、RE100達成に向けた取り組みの一環として、施設で使用するすべての電力を、森林未利用材や製材端材、建廃木材を燃料とするバイオマス発電による再生可能エネルギーで賄っています。

ROOFLAG(ルーフラッグ)