大東建託

環境への取り組み

「脱炭素社会」の実現に向けて

 地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量は増加の一途をたどり、30年前と比較して約60%も増えていると言われています。2015年12月に採択された「パリ協定」には、温室効果ガス排出を実質ゼロを目標とする「脱炭素化」が盛り込まれ、世界の気候変動対策は、温室効果ガス排出を抑制するだけの「低炭素社会」から実質ゼロにする「脱炭素社会」へ移行しつつあります。大東建託グループは、賃貸住宅事業における温室効果ガス排出量の削減を進めるとともに再生可能エネルギーの普及促進などを通して「脱炭素社会」の実現を目指していきます。

国際環境イニシアチブ「RE100」に加盟

RE100 (Renewable Energy 100)

2019年1月、事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目指す国際的な環境イニシアティブ「RE100」に加盟しました。自社の事業活動に必要な電力を再生可能エネルギーで賄うことで温室効果ガスの削減をさらに推進するとともに、「RE100」の理念である「社会全体での再生可能エネルギー普及促進」にも貢献していきます。

※RE100(Renewable Energy 100): 事業活動に必要なエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄うことを目標に掲げる企業が参加する国際的な環境イニシアティブ

RE100達成に向けた目標
自社管理建物の太陽光発電設備の活用

当社グループが全国で管理する約15万棟の賃貸住宅のうち約13,000棟に太陽光発電設備を設置しており、その年間発電量は約180GWhと当社グループの年間消費電力量の約4倍に相当します。
現在は、FIT制度で全量売電していますが、FIT制度終了後はこの再生可能エネルギーを事業にともなうエネルギー消費に充てることで、まずは自社グループの「脱炭素化」を目指します。

当社グループ管理建物による太陽光発電
当社グループ管理建物による太陽光発電
自社管理建物の太陽光発電設備の活用