健康経営

大東建託株式会社は、社員やグループ会社すべての人を対象とし、心と身体の健康だけでなく、人々の生活や社会とのつながりを大切にし、健康経営を目指します。幸せな暮らしを託していただくためには、社員と会社が健康でなくてはなりません。そのため、大東建託では、産業医や保健師が全国に訪問し、社員に直接面談すると共に、定期健康診断から病気の早期発見と重症化予防を、ストレスチェックや健康教育から心の健康づくりを推進する体制を整えています。また、全支店にAED を設置するなど、地域の皆様に貢献できる取組も開始しています。

大東建託グループ健康宣言

大東建託グループの健康経営 5つの側面から

図:健康経営の実践に向けた体系図
(経済産業省「企業の『健康経営』ガイドブック」より)

① 経営理念・方針

経営戦略の一環として会社と従業員が一体となった健康経営の取組みを実施

従業員の健康だけではなく、ステークホルダーのみなさまが夢や将来を託せる企業となるために、働きやすい職場環境構築に尽力しています。

② 組織体制

3段階の安全衛生委員会を設置・運営

経営管理本部長を議長に、中央・全国・各支店と、3段階の安全衛生委員会を毎月実施し、建設現場の安全管理、各事業所の衛生管理、健康づくり施策まで、全社に周知・共有しています。

  • 全国安全衛生委員会TV会議

  • 中央安全衛生委員会

③ 制度・施策実行

多彩な健康施策の実施

社員や家族のみなさまに向けた制度や施策を、多方面から展開

  • 朝食フォトコンテストの実施

  • 全支店にAEDを設置し、救命講習会を実施

  • 本社でのメンタルヘルス研修の様子

  • TV会議による全国支店メンタルヘルス研修

  • スポーツ活動を社内イントラで紹介・共有

  • 看護・産業保健など専門職を対象とした専門誌や教材への取材・撮影協力

  • コロナ対策と健康管理

④ 評価・改善

評価項目と数値を公表

統合報告書やESG追加レポートなどを通して、外部に公表しています。

【健康経営KPI】

健康診断・二次検査受診率、ストレスチェック受検率、朝食接種率、歩く人割合、肥満者割合 など

⑤ 法令遵守・リスクマネジメント

説明と具体的な内容

コンプライアンス推進室を中心に、ハラスメント対策などを強化しています。

【主な実施策】

映像ツールを利用したコンプライアンス教育、支店訪問によるヒアリングの実施、メールマガジンなどによる情報発信 など

企業情報