土地活用相談 平日10-17時 0120-167-322

安全衛生管理(建設現場)

施工現場の安全管理

当社グループでは、「人間尊重の精神を基礎とし、施工現場で働く人々の生命を守り、環境整備を行い、健康を確保することは、企業として果たさなければならない社会的責任である」を安全衛生管理の基本理念としています。この基本理念のもと、労働安全法、労働安全衛生法および当社規定に基づき、安全衛生管理を徹底し、業務遂行上発生する労働災害および疾病を未然に防止することで、施工現場で働く方々が安心して業務に従事できる労働環境を整備しています。

施工現場の安全管理に関する主な施策

①災害防止協議会の設置

労働基準法に基づき、当社グループと協力会社との相互の協議により、施工現場における統括管理の円滑な運営を図り、作業員の災害防止に寄与することを目的とし、災害防止協議会を支店、施工現場、および労災発生現場に設置しています。

②安全作業手順書と安全施工基準書

作業規律の遵守と災害要因の排除、安全衛生管理体制の強化による現場労働災害の撲滅を図るため、作業・施工の基準となる「安全衛生基準書」と、施工現場ごとに作成する「安全作業手順書」の運用を徹底しています。

③危険予知活動表の運用

大東建託㈱では、当日実施する作業に潜む危険や、その危険回避のための方策を、作業員全員で考え記入させる「危険予知活動表」の運用を通し、危険予知活動の徹底を図っています。

④現場作業員の健康管理

施工現場で発生する危険性が高い心筋梗塞、脳卒中の予防と、作業員の適正な健康管理のために、施工現場に入場する全作業員に血圧測定を実施し、基準値外の作業員の入場・作業を制限しています。

⑤安全管理指針

建築する建物の構造種別や、監督方法(専任、巡回)、および担当者の現場管理能力による安全管理のバラつきをなくすことを目的に「安全管理指針(ガイド)」を策定し、構造や業種ごとの管理ポイントを明確にするとともに、作業開始前の安全指導に活用しています。

安全大会の開催

当社では、大東建託協力会会員の安全意識向上と労働災害事故を撲滅するため、年2回安全大会を開催しています。建設現場における安全リスク対策に関する講義や、日々の経験から感じる課題・問題点をディスカッションし共有するなど、自ら安全について考えていただく機会を設けることで、安全意識の向上を促すとともに、協力会社同士の情報交換・共有の場としても機能しています。

現場体験型研修会

当社では2012年より、建設現場における労災防止のため、座学ではなく、自らが様々な体験をすることで、現場で活かせる実践力や危機意識を向上させることを目的とした「現場体験型研修会」を、従業員及びパートナー企業様向けに実施しています。
 2018年5月からは、これまで継続して実施していたマネキンを使った墜落実験や釘打ち機を使った釘の跳ね返り体験等に加え、VRを活用した自身で墜落を疑似体験できる研修を追加し、様々な疑似体験を経ることによる「危険感受性の向上」を目指しています。また、新資材の施工体験等、新資材や新工法の施工体験を継続することで「良質な品質確保」も目指します。

現場体験型研修の様子

全国建設業労働災害防止大会にて表彰を受賞

2017年10月、建設業労働災害防止協会主催、厚生労働省・国土交通省・北海道労働局後援による「全国建設業労働災害防止大会」が開催されました。全国建設業労働災害防止大会とは、会員企業が日頃から努力を重ね、成果を上げてきた安全衛生管理活動等を紹介することで、その情報やノウハウを他企業へ共有し、全国的な安全衛生水準向上を図ることを目的としており、研究論文の応募審査の結果、大東建託株式会社、ならびに大東建託協力会が、低層住宅部会でそれぞれ表彰を受けました。

【表彰をいただいた研究論文】

  • ・大東建託株式会社「安全部門トップの思いを毎日現場へ~社員、作業員に『安全への気づき』を浸透中!~」
  • ・大東建託協力会「労働保険ステッカーを活用した安全取組について~保険の重要性と加入状況を現場で再確認!~」

企業情報