ページ内を移動するためのリンクです

  1. TOP
  2. 土地活用ナビ
  3. 賃貸経営
  4. アパート経営の新潮流!入居者サービスで入居率を改善

土地活用に役立つ情報が満載!土地活用ナビ

アパート経営の新潮流!入居者サービスで入居率を改善

最終更新日: 2023.12.26

公開日:2019.09.03

入居率を高く維持することはアパート経営にとって不可欠です。

ここ数年、アパート経営は「入居者サービス」を導入することで改善しているケースが増えています。
アパートの入居率を改善し、集客に貢献できる入居者サービスとは具体的にどのようなものなのでしょうか。 そこでこの記事ではアパート経営の新たな満室経営対策のトレンドと、大東建託が提供する入居者サービスについてご紹介します。

>>関連記事:「アパート経営完全ガイド|建築プラン立てから完成後の業務まで」

この記事のポイント
  • アパート満室経営対策には「入居満足度」を意識した入居者サービスが注目を集めている
  • 入居者サービスは入居者ニーズに柔軟に対応できるため、長期的な効果が見込める
  • 「入居前」「入居後」で入居者サービスに求められる重視点が異なる
リスク対策 (1).gif
円満・円滑な資産承継.gif

アパート満室経営対策のトレンド

従来、アパートの空室対策はリフォームや設備更新等の建物のハード面を改修することが主流でした。
例えば、ペットと住めるアパートにするには、床材を滑りにくいシートに変えたり、壁クロスを消臭タイプに変えたり等のリフォームがあります。
若い女性をターゲットとする場合には、防犯カメラの設置やカラーモニター付きインターフォンの導入、玄関に姿見の設置等があります。

これらのハード面の対策は、今でも十分効果があり、入居率を改善する一定の効果はあります。


近年は、これらハード面に加えて、入居者向けの様々なサービスを用意し、集客と入居率を上げていくソフト面の対策がアパート経営者に注目されています。

入居者サービスは、人が対応していくサービスのため時代に合わせて創意工夫することができ、常に入居者のニーズに応じたサービスになるため、差別化が長続きするという特徴があります。 また、大きな初期投資を必要としないため、取組みやすいというメリットもあります。


では、集客や入居率の改善に寄与している入居者サービスとはどのようなものなのでしょうか。 注目されている入居者サービスについて次でご紹介します。

入居率を改善する2つの入居者サービス

入居者サービスは、大きく分けて「入居前」と「入居後」で訴求すべきポイントが異なります。

入居前は、経済的なメリットがあると思えるような取り組みや、「住んでみたい」という情報を提供することで物件の魅力をアピールして入居の検討を促し、集客力をアップさせることがサービスのポイントとなります。

それに対し、入居者へ「住み続けたい」と思えるサポートを行うことで居住環境を快適で便利なものにし、入居の維持を促すことが入居後のサービスに求められるポイントとなります。

「入居前」の入居者サービス

これまでも集客力を上げるサービスとして「敷金・礼金ゼロ」や「保証人不要」等の特典を与える入居者サービスがありましたが、このような特典を与えるサービスは、アパート経営者が経済的な痛みを伴うものもあり、また物件自体の差別化にはつながりにくいものでもありました。

近年は、入居のメリットとして入居時の費用の支払いを「クレジットカード決済可」とするサービスや、入居後の「水道光熱費と家賃をまとめて支払える」など、入居者の利便性を高めるサービスが登場しています。

入居時の敷金や礼金といった契約時の一時的なメリットだけでなく、入居後、長期にわたってメリットが受けられる物件は、入居者にとって魅力となります。

>>関連記事:2019年アパート経営で注目のトレンドまとめ

メルマガ訴求.png

「入居後」の入居者サービス

アパート経営には、今入居しているお客様に長く住み続けてもらうために「入居満足度」を上げて安定した賃貸経営を行おうとする考え方も大切です。

従来の「インターネット無料」や「定期清掃」のサービスの他に、最近では、入居者と管理会社が気軽にコミュニケーションを取れるような入居後サービスも登場してきています。

例えば、「トイレがつまった」「キッチンで水が漏れた」等、緊急で管理会社と連絡したい場合に、入居者が管理会社へすぐに連絡が取れ、対応してもらえる仕組みがあると、入居中の安心感と利便性を高められ満足度の向上に繋げることができます。

入居満足度が高まれば、それがアパートの魅力となって入居者が長期に住んでくれるため、入居率を維持することができ、安定したアパート経営とつなげていくことができるのです。

>>関連記事:空室率を下げる!賃貸経営における「管理」の重要性

まとめ

以上、入居者サービスによる入居率アップの方法について見てきました。 アパートの満室経営対策は、差別化しやすく、かつ、長期的な効果を生む入居者サービスに注目が集まっています。

効果が長く続く入居者サービスは、新たなアパート満室経営対策の潮流です。 入居者サービスを導入している仲介・管理会社によって、サービスの内容は様々です。 サービス内容にも着目し、しっかりと比較検討をした上で、入居満足度の向上につながる入居者サービスを展開している管理会社を選んでみてはいかがでしょうか。

navi_tochikatuyoubanner.gif
リスク対策 (1).gif
円満・円滑な資産承継.gif

メルマガ訴求.png

ページの終わりです