土地活用相談 平日10-17時 0120-167-322

品質管理

方針・考え方

当社グループは、厳しい品質管理と確かな施工管理のもと、計画設計から建物完成後の維持管理まで、一気通貫で管理する体制を整え、高品質な賃貸建物づくりを追求し続けています。

関連社会変化・社会課題

企業不祥事の増加(建築基準法違反、施工不良問題等)

自然災害の増加

消費者意識の向上

当社グループの対応

独自の基準書・検査項目の策定・運用

独立部門による検査の実施

データ・画像による施工管理と報告の徹底

品質管理システム

建物に使う資材の調達から設計、施工、完成の際に行う検査に至るまで、一貫した体制で管理を行い、品質の高い賃貸建物を提供しています。さらには、完成後も2カ月に1度定期点検を実施し、品質維持や早期メンテナンスを積み重ねていくことで、建物価値を長期に維持します。

設計

賃貸住宅専門会社として蓄積した知見をもとに、380項目を超える設計基準を示した独自の「設計基準書」によって、最適な建物を計画します。また、独自に開発した高耐久資材や最適な工法の採用で、建物の品質と価値の長期維持を実現します。

施工

独自の施工管理システム「DKネットワーク」によって、施工状況などを画像とともにデータベース上で管理・共有し、品質・工程管理と施工業務の効率化を図っています。また、「施工基準書」によって社内施工基準の明確化を図り、高品質な建物を提供しています。

検査

「品質検査の合否をもって、次工程に進捗する」を原則とし、施工部門が1建物約500項目におよぶ自主検査を行い、さらには独立部門「監理センター」による厳格な検査等を徹底しています。また、各種検査時の記録画像は「自主検査報告書」としてまとめ、オーナー様へお渡ししています。

管理

建物管理専門のスタッフによる定期点検で、建物の品質維持、修繕箇所の早期発見、必要なメンテナンスを行い、その内容や状況を2カ月ごとにオーナー様に報告します。加えて、定期的に実施する清掃や共用エリア・共用設備の維持・管理による美観維持に努めています。

企業情報