「第9回 大東建託 賃貸住宅コンペ」開催決定

『アフターコロナの社会において、賃貸住宅はどう変わるか』をテーマに募集開始

ニュースリリース

2020年09月01日

大東建託株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林克満)は、今年で9回目となる「大東建託 賃貸住宅コンペ」(以下、本コンペ)を開催、9月1日より提案の募集を開始します。
本コンペは、「賃貸住宅が持つ魅力」をより多くの方と考えていきたいという思いのもと、2012年から毎年1回開催しています。9回目となる今回は、『アフターコロナの社会において、賃貸住宅はどう変わるか』をテーマとし、コロナ禍を経験した生活者から賃貸住宅に求められるものは何か、これからの賃貸住宅のあり方について広く提案を募集します。
今年は2部門制となり、「アイデア提案部門」ではアイデアを、「新たな賃貸スタイル部門」では実際に完成した建築または完成予定のプロジェクトを募集します。提案の募集期間は、「アイデア提案部門」が2020年9月1日(火)~2021年1月6日(水)、「新たな賃貸スタイル部門」は2020年9月1日(火)~2020年12月14日(月)となります。
■テーマは『アフターコロナの社会において、賃貸住宅はどう変わるか』
新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、働き方や職場環境、家庭環境や教育環境など全ての社会生活においてニューノーマルが求められています。
そのような中、「これからの賃貸住宅には何が求められるのか」、「どのような賃貸住宅がこれからの私たちの生活を支える場所となるのか」を提案していただきます。
これまで当たり前のこととして受け入れ、変えることができなかった賃貸住宅の仕組みには、新たな枠組みや仕組みの創造が求められます。この機会を変革への大きなチャンスとして捉え、これからの賃貸住宅のあり方を、今年もみなさんと考えていきます。

「第9回 大東建託 賃貸住宅コンペ」メインビジュアル

■「アイデア提案部門」「新たな賃貸スタイル部門」概要


※2次審査では新たに持ち点配分方式を採用します。各審査委員は自身の持ち点を通過5作品に対して自由に配分し、その合計の多寡で各賞(1位、2位、3位、4位、5位)と賞金を決定します。各審査委員の持ち点は100ポイント(審査委員6名合計600ポイント) あり、各作品の取得ポイントに対応した賞金が授与されます(左対応表を参照)。
最大賞金額と最小賞金額は下記の通りです。
・400ポイント以上:300万円 49ポイント以下:10万円
・同ポイントの場合は、同賞、同賞金額が与えられます。
・1位と2位が同じ賞金額の場合は、1位に30万円を加算します。
(例)作品A:390ポイント(1位) → 200万円 → プラス30万円 → 賞金230万円、作品B:250ポイント(2位) → 200万円 
・賞金はすべて税込です。
■審査委員の紹介(敬称略)
審査委員長 千葉 学(千葉学建築計画事務所/東京大学大学院教授)
審査委員 赤松 佳珠子(CAtパートナー/法政大学教授)  
審査委員 横川 正紀(WELCOME Group代表)
審査委員 小林 克満(大東建託株式会社 代表取締役社長)
審査委員 峠坂 滋彦(大東建託株式会社 商品開発部長)
ゲスト審査委員 木下 斉(一般社団法人AIA 代表理事/内閣府地域活性化伝道師)

■「第9回 大東建託 賃貸住宅コンペ」概要
テーマ:『アフターコロナの社会において、賃貸住宅はどう変わるか』  
主催:大東建託株式会社 
後援:株式会社新建築社
コーディネート:リトルメディア

報道関係者 お問い合わせ先   

大東建託株式会社 広報部
電話 : 03-6718-9174
メール: koho@kentaku.co.jp

企業情報