Diversity

ダイバーシティ経営

大東建託の
ダイバーシティ&
インクルージョン

LOVE COLORS
みんなの個性を、会社の力に。

住まいの数だけ個性があるように、
わたしたち社員も、
もっと自分らしく個性的でいい。
そして、多様な可能性を認めあい、
社員の一人ひとりが夢や将来を
託すことのできる企業へ。

大東建託の「LOVE COLORS」では、
仕事を通じて一人ひとりが
自分らしい生きかたを実現し、
互いのちがいを未来への力に変えていく
新たな多様性のありかたに
挑んでいきます。

未来に繋がる
イノベーション
(新しい価値の
創出)

国籍・年齢・性別・障がいの有無、趣味趣向・性自認・性的指向・知識・経験等
豊かな個性やさまざまな価値観がぶつかりあいながら交わることから生まれる

ダイバーシティ&
インクルージョン宣言

  • 一人ひとりの個性を尊重し多様性を認め合い、能力を最大限発揮できる企業風土・文化を目指します。

  • 夢や将来を託せる企業、誇れる企業の実現に向けて「働きがい」と「働きやすさ」を追求していきます。

  • ダイバーシティ推進を経営戦略として取り組み、新たな価値創造をし続けられる持続可能な企業を目指します。

方針・考え方

当社では、人種・国籍・民族・性別・性的指向・性自認・障がいの有無・年齢・信条・社会的身分等を理由とした一切の差別を行わないという考えのもと、「大東建託行動規範」において、互いの人格・個性を尊重し、社会的差別や人権侵害を許さないこと、国際ルールや現地の法令を遵守すること、現地の文化・慣習を尊重することなどを定めています。

大東建託株式会社 代表取締役社長 小林克巳満 大東建託株式会社 代表取締役社長 小林克巳満

TOP MESSAGE
夢や将来を
託すことができる
企業、
誇れる企業へ

ウィズ&アフターコロナを前提とした“ニューノーマル“時代の到来により、企業の変革も加速度が増しています。今、私たちに求められるのは、常識や固定観念に縛られない、新しい価値の創出です。そのためには、従業員がこれまで以上に高い生産性を発揮し、イノベーションを創出し続けることができる組織が求められます。
未来に繋がるイノベーションは、国籍・年齢・性別・障がいの有無に関係なく多様性を活かすことはもちろん、趣味趣向・性自認・性的指向・知識・経験等の豊かな個性やさまざまな価値観がぶつかりあいながら交わることから生まれます。私は、ニューノーマルの企業経営には、個を尊重し認め合い活かしていく、ダイバーシティ&インクルージョンが必要不可欠と考えています。

大東建託では、従業員との約束に「やりがいを感じてチャレンジできる、活力がみなぎる職場環境」を掲げ、従業員一人一人がいきいきと働ける職場環境づくりを目指してまいりました。
労働人口の減少、少子高齢化、急速に変わる社会を背景に、経営戦略としてダイバーシティを積極的に取り入れ、「ワークライフバランス」「女性活躍推進」「働き方改革」を主軸に多様な人材が活躍でき、多様性が強みとなる組織づくりを進めています。
2019年度、大東建託グループは中期経営計画「新5ヵ年計画」を策定し、賃貸住宅専業から「総合賃貸業を核とした地域密着型生活総合支援企業」として継続した成長を目指すことを目標に掲げました。その目標の1つに「夢や将来を託せる企業、誇れる企業」の実現を掲げています。事業を拡大していくだけではなく、まず従業員自身が当社グループを誇れるようにならなければ、社外の皆さまから託される企業にはなれないと考えています。
全従業員がいきいきと活躍できるよう、当社グループで働くことに誇りを持てるよう、「働きがいのある職場」「働きやすい職場」の実現に向け取り組んでまいります。

「夢や将来を託せる企業、誇れる企業」であり続けること、職場環境や企業文化をつくること、それが私のミッションです。守るべきは守り、変えるべきは変える。情熱を持って挑戦し、勇気を持って変革していきます。

大東建託株式会社
代表取締役社長

小林克満

大東建託が
共有する価値観

総合賃貸業を核とした
「生活総合支援企業」として
夢や将来を託され、
継続して成長できる企業へ

働きがい

働きがいのアイコン

チャレンジできる
活力ある
組織の
実現

新しい価値・
イノベーションの
創出

働きやすさ

働きやすさのアイコン

一人ひとりが
いきいきと働ける
職場風土の構築

ダイバーシティ&
インクルージョン

個性を尊重し、多様性を認め合い、
能力を最大限発揮

  • 働き方改革のアイコン

    働き方改革

  • ワークライフバランスのアイコン

    ワークライフ
    バランス

  • 人材育成のアイコン

    人材育成

  • 健康経営のアイコン

    健康経営

ロードマップ

2015年にダイバーシティ専任組織を人事部内に「ダイバーシティ推進課」を設置。経営戦略としてのダイバーシティが本格的にスタートしました。制約がある人材の雇用継続にとどまらず、全従業員の活躍推進を重点にさまざまな取り組みを進めています。

2005年から2023年のダイバーシティロードマップ図 2005年から2023年のダイバーシティロードマップ図

新5カ年計画目標値

  • 有給休暇取得率 2023年度80.0% 2020年度76.4% ※アニバーサリー休暇制度は2016年3月より導入 有給休暇取得率 2023年度80.0% 2020年度76.4% ※アニバーサリー休暇制度は2016年3月より導入

  • 平均残業時間 2020年度14.6時間 2023年度 16時間 ※残業時間=法定外労働時間+休日労働時間 平均残業時間 2020年度14.6時間 2023年度 16時間 ※残業時間=法定外労働時間+休日労働時間

  • 女性労働者割合 2023年度20.0% 2020年度14.8% 女性労働者割合 2023年度20.0% 2020年度14.8%

  • 男性育児休業取得率 2020年度100% 2023年度100% ※2018年10月より男性従業員の育児休業所得を義務化(5日間) 男性育児休業取得率 2020年度100% 2023年度100% ※2018年10月より男性従業員の育児休業所得を義務化(5日間)

  • 女性管理職割合 2020年度4.6% 2023年度 6.0% 女性管理職割合 2020年度4.6% 2023年度 6.0%

  • 女性採用割合 2023年度33.6% 2020年度19.6% 女性採用割合 2023年度33.6% 2020年度19.6%

  • 障がい者雇用率 2020年度2.95% 2023年度3.1% 障がい者雇用率 2020年度2.95% 2023年度3.1%

  • 従業員意識調査全体満足度 2023年度75% 2020年度67.3% ※D-COMPASS:全従業員を対象とし毎年実施している従業員満足度調査。2020年回答率は96.3% 従業員意識調査全体満足度 2023年度75% 2020年度67.3% ※D-COMPASS:全従業員を対象とし毎年実施している従業員満足度調査。2020年回答率は96.3%