Work Style Reform Work Style Reform

働き方改革

当社では「働きがいのある職場」「働きがやすい職場」を目指し、経営層主導のもと、従業員満足度(ES)調査「D-COMPASS(ディーコンパス)を軸に「評価制度の見直し」「組織的生産性の追求(長時間労働の改善)」「柔軟な働き方」に向けて、働き方改革を積極的に推進しています。

従業員満足度(ES)調査 D-COMPASS(ディーコンパス)の説明図 従業員満足度(ES)調査 D-COMPASS(ディーコンパス)の説明図

人事部執行役員メッセージ

多様な働き方の
実現を加速させ、
誰もが夢や将来を
託せる会社へ

人事部執行役員 人事部執行役員

働きがいや働きやすさを追求していくうえで、「男性・女性」「既婚・未婚」といった属性にとらわれることなく、多様な働き方を実現できる環境の整備が必要不可欠です。

人事部執行役員の写真

従業員満足度
(ES)調査
「D-COMPASS
(ディーコンパス)

※ 「Daitokentaku-Corporate Management & Performance Annually Supporting Survey」の頭文字をとったもの

ES調査を2015年にスタートしました。従業員の生の声を集め、経営陣が感じていることとのギャップを埋めて、強みは伸ばし弱みは改善する取り組みに繋げています。これにより、将来を見据えて先手を打てる人事戦略を実践しています。(2019年度回答者数8,678名、回答率96.4%)

POINT

  • 結果は、経営計画書に掲載し、各部門の取り組み事項とする。
  • 部門の課題は縦串、全社共通課題は横串を刺して、面で捉えた戦略を実践。
社員の満足度は66.2%(2019年度)全国の会社と比べて高いです!全国平均55.1%
上昇率1位 5.6%上昇 部署は「働き方改革」に積極的に取り組んでいる 2019年10月71.2%(2018年年10月65.5%)

評価制度の見直し

社内評価指標 (健全経営ランキング)

2018年8月より、営業成績や収益という結果だけではなく、「生産性」や「人材育成」「働きやすい職場環境づくり」など、プロセスや就労環境といった支店の健全経営に欠かせない要素にも着目した支店評価「支店健全経営ランキング」の運用を開始しました。また優良支店の従業員とそのご家族様が一緒に使える褒章制度を導入しています。

目的

  • 1

    「高い業績の確保」と「いきいきと働ける環境づくり」の両立を実現する

  • 2

    契約ボリュームだけでなく、「効率/生産性」を意識した支店運営を実現する

  • 3

    支店全体で取り組み、チームとして成果を上げる風土づくり

社内評価指標の説明図

その他、見直した評価制度関連

ライフイベント等による制約があっても、能力に応じ適正に評価される仕組みを整備しています。

地域別
給与制度
導入全国転勤を前提とした全国一律の基本給を見直し、「地域別基本給」を全社員のスタンダードとし、転勤した社員については別途手当を支給
勤務地限定者の
賞与評価見直し
勤務地を限定者の賞与が一定割合減額
➡通常勤務者と同一基準へ
産休・育休明けの
昇降格ポイント
算出期間の変更
昇格評価ポイントに含める期間から
産休・育休期間を除外
非正規社員の
処遇改善
  • ・有期雇用から無期雇用転換の基準新設
  • ・「正社員」へのキャリアアップルート構築
  • ・福利厚生制度の処遇改善
考課者研修の
実施
「面談手法」を再構築。
個人評価を明確にフィードバックし、
「期待」を伝える方法へ

組織的「生産性
の追求」
長時間労働の改善

各統括部門で行っている「長時間労働の改善」の取組みを、職種を横断して全社的に検討していく「長時間労働改善プロジェクト」を2016年4月より開始しました。

柔軟な働き方

従業員のワークライフバランスの実現に向けて、従業員のライフスタイルや家庭環境の変化、価値観などにあわせた生産性の高い働き方ができるように、ITの活用やオフィス環境の整備を推進。働く「時間」や「場所」を柔軟に選べる働き方を実現しています。

IT技術による生産性向上

OA・デバイスなどのIT環境の整備やIT技術による業務効率化を推進。モバイルワークによる新たなワークスタイルの実現とコミュニケーションの円滑化を図っています。

IT技術による生産性向上のイメージ写真

イノベーションを生む
オフィスへ

「IOTを活用したスマートオフィス」や「働きたくなるオフィス空間」に向けたオフィス環境づくりを積極的に推進。オフィスの中で闊達なコミュニケーションと自由な発想を促す空間づくりを目指しています。

イノベーションを生むオフィスのイメージ写真

柔軟に働ける福利厚生制度

  • 働く「場所」

    • 在宅勤務

      自宅で仕事が可能。在宅勤務手当あり(本社)

    • 勤務地限定

      本人の事情により、一定の条件付きで勤務エリアを限定することが可能。

    • 遠距離異動サポート

      遠距離に居住する介護、もしくは遠隔地に転勤となった配偶者をもつ社員に対し、優先的に異動を行うことが可能。

  • 働く「時間」

    • フレックスタイム制

      各個人で1日の労働時間を選択して働くことが可能。(コアタイム11時半〜15時半)営業職含め全職種の従業員が対象。

    • 短時間勤務

      一定の事情により所定労働時間での勤務が困難な場合、6〜7時間の3パターンから勤務時間を選択して働くことが可能。

    • 短縮勤務

      一定の事情により、所定就業時間や所定就業日勤務が困難な場合、一定の範囲内で就業時間の短縮や欠勤が認められる。

    • 時差勤務

      公共交通機関の混雑を避けるため、出勤時間をずらして働くことが可能(本社)。