ページ内を移動するためのリンクです

基礎〔木造〕|地盤に左右されない賃貸をつくる。

安心して暮らせ、メンテナンス性に
優れた内装建材を開発・施工

キズに強く変色しにくい

住居内の内装建材は建物や住む人にとって、いつまでも空間の美観を保ち、生活に優しい仕様であることが求められます。大東建託は、内装建材の床・壁・天井等に耐久性や美観にこだわった資材開発を行っています。ものを落としたり、家具などでひっかいてしまう危険があり耐久性の求められるフローリングは、キズが付きにくく、汚れも落としやすい特殊表面仕上げを採用。変色もしにくいので、入居者が入れ替わってもメンテナンスの負担が少なくて済みます。もしキズが付いてしまっても、部分貼り替えが可能(写真1)なので経済的です。また、ペットと一緒に暮らせるお部屋にはペットが歩いても滑りにくく、誤っておしっこをしてしまっても染みこみにくいフローリング(写真2)を開発し採用しています。

長く暮らしても部屋を美しく保つクロス

大東建託では賃貸住宅の壁や天井に『オレフィンクロス』(図1)という経年劣化しにくく、ほこりやタバコのヤニといった毎日の生活を通じた汚れが付きにくいクロスを採用しています。また、子供の落書きも水拭きでサッと落とすことができますので小さなお子様がいる入居者も安心して生活することができます。オレフィンクロスはこの他にも、室内の調湿性能があったり、燃やしても有毒ガスが出ず廃棄時に産業廃棄物にならないなど、環境に優しい性能が備わっています。大東建託では、このような高耐久でメンテナンス性に優れた多機能の内装建材を使用し、健全に管理・運営することで、オーナー様の大切な資産を長期に渡ってお守りします。

開発室から、オーナー様へ

安定した賃貸経営を提案するためには、入居者が安心して生活できる内装建材の開発が必要となります。入居者が安心して生活できる賃貸住宅に求められる条件の一つに退去時の原状復旧費用を抑えることがあげられます。そのため当社は部材一つひとつにこだわり、メンテナンス性に優れた建築資材を開発しています。例えばフローリングに採用している表面シートはキズがつきにくいだけではなく、汚れを“サッ”と落とせるよう表面シートの形状開発、また将来的な貼り替えが発生してもワックスをかける必要が無いように、はじめからワックスがかかっているかのような艶についてもメーカーと共同開発を行っています。これからもオーナー様に安定した賃貸経営を提案できるよう、より良い建材開発に取り組んでいきます。

大東建託株式会社 技術開発部
岡本 修司

ページの終わりです