ページ内を移動するためのリンクです

屋根|厳しい気候にも耐え抜く賃貸をつくる。

屋根から考える、高耐久の賃貸住宅

「軽くて丈夫」をとことん追求

屋根は建物のなかでもっとも風雨にさらされる場所。寒暖の差が大きく、台風などの激しい気象現象も多い日本で、屋根をどう強化していくかは大きな課題です。
20年ほど前、大東建託は優れた屋根材を求めて海外に目を向けました。そこで出会い採用したのが、耐久性・耐候性に優れた天然石チップを付着させた『天然石チップ溶着アルミ亜鉛メッキ鋼板』です。
腐食に強い高耐久金属屋根材に自然石を接着した8層からなる屋根材(図1)は、さらなる耐久性を実現。軽量であるにもかかわらず、重量感のある質感はハイグレードな趣を醸し出し、様々な建物のデザインにマッチします。
2000年に施工した建物で屋根材のサンプリング調査を2015年に行ったところ、ほとんど劣化が認められず、長期的な使用に十分耐えうることが実証されました。

扱いの難しい「縦葺き屋根」に革命を

傾斜の緩い屋根には多くの場合、水はけが良い「縦葺き」という工法が用いられます。流れ方向に対して平行に屋根を葺いていきますが、課題となるのが1枚の屋根材の長さです。従来の縦葺きでは、屋根の一番高いところから軒先までを1枚でカバーするためとても長いサイズとなり様々な課題が生じました。例えば、大型トラックでなければ運搬できない、荷揚げのクレーンが必要などによるコストアップなどです。
これらの課題を解決すべく、大東建託が開発したのが、『ジョイント立平(図2)』という屋根材です。長さ2m程度の製品で簡単に搬入でき荷揚げも瓦揚げ機で揚げられます。
5%勾配で水平ジョイントを設けるのは、今までの長尺屋根材の常識ではありえない事でしたが、入念な散水試験、送風試験を経て、30年を超える耐久性能も実現。気象現象の激しさや、コスト、工期など、建物の建築に制約が増える今だからこそ、部材の様々な進化が賃貸住宅の高耐久化にもつながります。

開発室から、オーナー様へ

大東建託は、天然石付き金属屋根を20年前から導入しており、海外から直接買い付けている数少ない会社です。当初は誰も触ったことがない屋根であるため、全国の屋根業者に施工方法を伝える必要があり、非常にパワーと人員を使いました。今ではすっかり普及し、大東建託を象徴する屋根となりました。
『ジョイント立平』に関しても、5%の緩勾配で横のジョイントを設けるというのは業界ではあり得ない発想であり、国内外の屋根メーカーからも一目置かれています。こちらも今までにない施工方法であるため、初回施工の屋根業者には研修を実施、全国展開へ向けて現在進行形で普及を進めています。

大東建託株式会社 技術開発部
大久保 孝洋

ページの終わりです