事業活動

大東建託グループのビジネスモデル

日本における土地承継と賃貸住宅が担う役割

日本には、「代々受け継がれる土地を次世代に承継したい」という考え方・風土がある一方、相続税や保有税の対策が課題となっています。

建物賃貸事業はこの課題解決にもっとも有効な土地活用の手段のひとつであり、賃貸建物の建築により相続税と固定資産税を軽減することができます。

大東建託グループは、独自の「賃貸経営住宅システム」をビジネス中心にすえ、施設事業と不動産事業、その他事業をグループ会社と供に展開し、オーナー様に建物賃貸事業の安定経営を、入居者様には安心・安全な住まいと便利な暮らしを提供しています。

オーナー様の土地活用目的

  • 事業に関わる
  • 社会変化
  • 単身世帯の増加
  • 高齢化進展
  • 地方の住民不在地域増加
  • 相続ニーズの増加
  • 環境・防犯・防災意識の向上
  • 建設業界全体での
  • 職人・技術者不足等

事業に関わる社会変化 事業に関わる社会変化

業界No.1実績の「賃貸経営住宅システム」 業界No.1実績の「賃貸経営住宅システム」

大東建託グループが提供する価値

  • 安定した建物賃貸事業
  • 円滑円満な資産承継サポート
  • ライフスタイルに合わせた
  • 住まいの提供
  • 地元の人材・企業の活用
  • 地域経済・地域社会の活性化
  • 環境に配慮した
  • 企業活動・商品提供等
大東建託グループが 提供する価値 大東建託グループが 提供する価値

企業情報