ディスクロージャーポリシー

基本方針

当社は、情報公開を最も重要な経営課題の一つであると認識し、各種法令を遵守し、ポジティブまたはネガティブであるかにかかわらず、迅速な情報開示に努めます。また、特定の機関または個人に対して、未公表の重要情報を選択的に開示することを避け、広く公平な情報開示に努めます。
なお、将来予測に関する免責、著作権の取扱い等、本ホームページで公開する情報のご利用につきましては、「当ホームページのご利用について」も合わせてご参照ください。

情報開示の基準

当社は、証券取引法および東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」に従って情報を公開いたします。
また、当該法令または規則で開示が求められない場合でも、経営の透明性を高め、当社をより良く理解いただくにあたり有効と判断される事項については、積極的に公開して参ります。ただし、トレードシークレット等、企業間競争の観点から開示が適当でないと判断する事項については、公開を差し控えさせていただきます。

情報開示の方法

当社では、前記の基本方針に従い、さまざまなチャンネルを活用し、情報公開を行います。
また、広く公平な情報開示を行うため、以下の開示情報を当社ホームページ上で公開いたします。

  • 東京証券取引所のTDネットにより開示した重要事実
  • 定期的作成資料
    • 有価証券報告書(四半期報告書)
    • 決算短信(四半期決算短信)
    • 株主通信(四半期株主通信)
    • Strategy Report(統合報告書)
    • 月次業績速報
    • 決算説明会資料(四半期決算説明会資料)
  • 随時のニュースリリース
    • 報道機関へ提供または記者クラブで配付した資料

沈黙期間

当社では、決算発表直前に株価に影響のある情報が誤って流出する可能性を排除するため、決算期末から決算発表日まで(四半期決算においては、発表日前1週間)を「沈黙期間」として、決算に関するコメントを控えさせて頂きます。ただし、「沈黙期間」であっても、既に公表されている情報に関するご質問等に関しましては、ご対応させていただきます

注意事項

このホームページは投資勧誘を目的とするものではありません。
当社株式に対する投資に関しましては、ご自身の判断でお願いいたします。

企業情報