ページ内を移動するためのリンクです

土地活用Q&A

土地所有者の方々の土地に関する悩みや問題点はさまざまです。
大切な資産を次代に承継するための土地活用のポイントをわかりやすくご紹介します。

賃貸経営による土地活用にはどんなメリットがあるのでしょうか?
  1. 1.長期にわたり安定した収入が確保できます。
    入居者に訴求力のある立地や賃貸建物であれば、入居者確保も比較的容易で、安定した収入が長期にわたり確保できます。
  2. 2.相続税の節税効果があります。
    賃貸建物の敷地が貸家建付地として評価されるため、更地よりも評価額が低くなります。また賃貸建物の評価額と借入金(現金)との相続税の課税評価差を利用することで、財産全体の評価が下がるため相続税の節税が可能となります。また安定した収益は納税源資とすることも可能です。
  3. 3.固定資産税等の保有コストの軽減措置が受けられます。
    賃貸建物の敷地が住宅用地又は小規模住宅用地で評価されるため、宅地としての固定資産税・都市計画税が軽減されます。もちろん賃貸事業収益から固定資産税等の保有コストを支払うことができます。

大東建託では、土地を所有される皆様それぞれの状況を把握し、最適な事業をわかりやすくご提案します。

どんな賃貸住宅が入居者に魅力的なのでしょうか?

入居者が賃貸住宅を探す際に重視する条件は、立地、間取り、広さ、家賃等多岐にわたります。また、単身者やファミリー等入居者の家族構成などにより、その 条件は異なります。そのため安定的に入居者を確保するためには、立地や土地の特性に合わせた入居者層を想定し、市場動向を加味した事業計画や建物プランを 個別に考慮する必要があります。
大東建託では、これまでの実績で培われたノウハウを活かし、ワンルームからファミリータイプまで長期的に安定した入居者が確保できる豊富な商品バリエーションをご用意し賃貸事業計画をご提案しています。

パートナー企業を選択するポイントは何ですか?

長期間に渡って安定した賃貸経営による土地活用を実現するためには、賃貸経営をトータルにサポートするノウハウとパートナー企業自身の企業力(企業の存続性)が不可欠となります。先行きが不透明な昨今、サポート企業の財務体質が健全であるか否かは特に重要な指標となります。
大東建託は、実質的な経営のパートナー企業として弊社自身が『健全な』、『潰れにくい』企業であり続けることが最低必須条件と考え、健全な財務体質の維持に努めることで、オーナー様の長期にわたる賃貸経営を責任を持ってサポートできることに繋がると考えています。

ページの終わりです