トップメッセージ

1974年の創業以来、私たち大東建託グループは土地オーナー様から賃貸建物の建築と管理を請け負い、入居を希望される方々に最適な住まいやサービスを提供することを中核とした事業を展開しています。2017年度も、オーナー様、入居者をはじめとしたステークホルダー(利害関係者)の皆さまにご支援をいただき、10機連続の増収増益、および賃貸住宅の管理戸数100万戸を達成いたしました。

当社グループは、現在のCSR(企業の社会的責任)の原点とも言われている近江商人の「三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)」の精神こそが、事業を行う上での基本であると考えています。地域の皆さまとの信頼関係なくして語ることのできない私たちの事業を発展させるためには、近江商人が大切にしていた「事業を通じてお客様やその地域のことを心から思い、お客様が満足し、かつ、地域に貢献すること」の実践が必要不可欠です。

今後、創業50年、60年、100年と、企業として永続的に発展していくには、「お客様の評価こそが、仕事のものさしである」ことを念頭に、お客様第一を実践し、"生きる"を"託"していただける企業となることが唯一の道であると確信しています。今後もステークスホルダーの皆さまから安心して託していただける企業を目指し、従業員一丸となって邁進していきます。

代表取締役社長

企業情報