価値創造活動

建設事業

事業概況

成長ドライバー

アクション

不動産事業

事業概況

成長ドライバー

アクション

その他事業

エネルギー事業

介護・保育事業

海外事業

その他事業(金融など)

非財務活動

人財

環境

人財

働きがいのある企業

「持たざる経営」により拡大をしてきた大東建託グループにおいて、人は「コスト」ではなく「キャピタル」であり、社内唯一の資源である「人財」への資源配分・投資を惜しみません。

大東建託(株)では、2017年3月期、月4回のノー残業デーの徹底やアニバーサリー休暇の認知・取得促進など、長時間労働の改善に向けた取組みにより、総労働時間が2,221時間(前期比-49時間)、月平均残業時間が45.8時間(前期比-2.8時間)とそれぞれ減少。また、復職時ならし勤務の導入や短縮勤務の適応枠拡大など、誰もが継続して就労できる環境構築に注力しました。また、一級建築士、1級建築施工管理技士の資格取得に向けた自主勉強会や直前合宿研修などの実施により、2017年3月期の一級建築士合格率は19.1%(前期比+6.7P)、1級建築施工管理技士の合格率は90.2%(前期比+14.8P)と過去最高の合格率となりました。2018年3月期においても、従業員が効率良く、いきいきと成長できる職場環境を目指します。

アクション

働き方を学び、考え、実践する機会を提供

大東建託(株)では、従業員が自ら新しい働き方を学び、考え、実践する機会を積極的に創出しています。2016年10月、各課管理職主導による「担当職向けダイバーシティ研修」を実施。課ごとに職場環境改善のための目標と具体的実施事項を掲げ実践しています。また2016年11月からは、業務課題を抽出し、見直し施策を実施する「働き方見直しコンサルティング」を4支店6課にて実施しました。今後も従業員が一丸となり、魅力的な会社を作り上げていきます。

前のページへ

次のページへ

企業情報