価値創造活動

不動産事業のアクション

社会変化に対する対応

  • セキュリティ・BCPなど消費者意識の向上

  • テレビモニター付きインターフォンや防犯カメラなど、セキュリティ設備の需要は年々高まっています。

  • 次に引っ越すときに欲しい設備

矢印右 矢印下
  • 「防犯有料賃貸」登録第1号が完成

  • 大東建託(株)は、2017年2月、一部基幹商品において、「防犯優良賃貸」のシリーズ設定※2を取得し、同年9月、全国初となる「防犯優良賃貸」登録第1号の賃貸集合住宅を完成させました。今後は全てのb基幹商品にて防犯設備の組み合わせを選択できる独自の防犯ブランド「DK SELECTセキュリティ」の拡大を推進していきます。

  • 防犯設備の一例

  • 地方の人口・世帯数の現減少による住民不在地域の増加

  • 2040年時点で、若年男女人口が5割以下に減少する市区町村は、896にのぼると予測されています。

  • 若年女性人口の変化率でみた自治体数(2040年時点)

矢印右 矢印下
  • 賃貸に特化した独自のマーケティング

  • 当社グループでは、全国の居住エリアを約4,600に区分けし、市場調査専門スタッフが最新の家賃動向と建物供給動向をもとに1年間の空室率を予測、3ヶ月ごとに供給計画の見直しを行っています。それを基に建築促進エリア、条件付建築促進エリア、一時休止エリアに細分化し、実需に沿った建物供給計画を実施しています。

    2017年4月には、当社保有の全国土地情報管理システム「DK MAP」の運用を開始し、供給計画や家賃操作業務の効率化と正確性の向上を実現しています。

  • 供給計画エリアを地図上で家賃変動状況や供給動向を確認可能

全自動賃貸住宅を目指して

前のページへ

次のページへ

企業情報