ページ内を移動するためのリンクです

CLT工法

未来の木を育てています。

日本の豊富な森林資源をいかし、
住まいと暮らしの未来を豊かにするためにできることを―。

CLTという新しい建材がその一翼を担うと大東建託は考えます。
CLTは、コンクリートに匹敵する強さと環境へのやさしさを兼ね備えた木質系材料です。

私たちはCLTの普及によって、木材の循環利用で環境保全に貢献し、
都市の木質化で住まいと暮らしの新たな扉を開きます。

CLT(シーエルティ)とは

木のぬくもりを持ちながら、高い強度と断熱性を兼ね備えた建材です。

CLTはCross Laminated Timberの略称。その名の通り、ひき板(ラミナ)を並べた後、繊維方向が直交(クロス)するように積層接着した木質系材料です。厚みのある大きな板であり、建築の構造材の他、土木用材として橋にも使用されています。

CLTは世界で注目されています

CLTは1995年頃からオーストリアを中心として発展し、現在では、イギリスやスイス、イタリアなどヨーロッパ各国でも様々な建築物に利用されています。また、カナダやアメリカ、オーストラリアでもCLTを使った高層建築が建てられるなど、CLTの利用は近年になり各国で急速な伸びを見せています。

※出典:一般社団法人 日本CLT協会HP

大東建託のオリジナルCLT工法

CLT独自に開発した金物とを組み合わせることにより、中層建築物を建てることを可能にしました。

CLTは強度の高い材料です。その性能をさらに発揮するためには、CLTの接合部にも高い強度と変形性能が求められます。大東建託では、オリジナル金物を独自に開発することで、接合部の高い強度と変形性能を実現。大地震に対しても安全な構造となっています。

構造躯体
接合部

独自に開発したオリジナル金物

大東建託のオリジナル金物は、ピンを差し込むドリフトピン仕様としています。一般的なCLT工法に用いられるビス留め仕様と比べ、現場での作業時間を大幅に短縮。さらに施工品質の均一化を実現しています。

オリジナル金物
オリジナル金物

大東建託のオリジナル金物は、ピンを差し込むドリフトピン仕様としています。一般的なCLT工法に用いられるビス留め仕様と比べ、現場での作業時間を大幅に短縮。さらに施工品質の均一化を実現しています。

※CGイラスト等は図面を基におこしたもので、仕様変更もしくは立地条件により、実際とは多少異なる場合があります。

大東建託のオリジナルCLT工法の特徴

高い耐震性

振動シミュレーション

京都大学中川准教授による振動シミュレーションで、兵庫県南部地震や熊本地震などの大地震でも倒壊しないことを確認。

CLTの建物は、木の「強くて軽い」特徴を引き継ぎつつ、コンクリートに匹敵する強度のあるCLT壁で構成されています。密実で強固な壁が建物重量を支え、地震の揺れにも耐える構造です。材料の重さは、コンクリートの約1/5でありながら、壁の強度は、一般的な木造軸組工法の耐力壁に比べて4倍以上となっています。大地震を想定した振動シミュレーションにおいても、CLT壁、オリジナル金物が十分な強度を発揮することを確認し、地震に対して安心な集合住宅を実現しています。

振動シミュレーション

京都大学中川准教授による振動シミュレーションで、兵庫県南部地震や熊本地震などの大地震でも倒壊しないことを確認。

重さの比較

壁の強度比較

安心の耐火性

大東建託のオリジナルCLT工法は、一時間耐火構造となっています。躯体を耐火被覆材で全て覆うことで、火災が発生しても木部が直接火で焼かれることはありません。そのため、火災保険料も鉄筋コンクリート造と同じ等級が適用されます。

快適な断熱性

木材は、鉄やコンクリートに比べて熱を伝えにくい天然の材料です。数値が低いほど熱を伝えにくいことを示す熱伝導率で比較すると、密実な木の塊のCLTは、コンクリートの1/13、鉄の1/440の熱伝導率です。そのため、断熱性に優れ、夏の夜も寝苦しくなく、冬は足元から暖かさを感じることができます。

くつろぎの遮音性

CLTを用いた界壁は厚さ150mmの密実なパネルにより、高い遮音性能を発揮します。また、界床はLH-55の高い遮音性能を実現。一般的な鉄筋コンクリート造と同等の性能を確保しています。
※試験場での実験値であり、個人差のある実際の感覚とは異なります。

高い事業性

工期短縮

CLTは鉄筋コンクリート造と比べ、躯体工事の期間を大幅に短縮することができます。工期の短縮は、事業開始を早めることにつながります。

ZEH [オプション]

CLTの高い断熱性と太陽光発電との組み合わせにより、ZEH-M Ready基準を満たし、クリーンエネルギーによる環境にやさしい生活を送ることができます。余剰売電による収入を得ることも可能です。
※ZEHマンション(ZEH-M)の中層建築物における環境省の判断基準。

※CGイラスト等は図面を基におこしたもので、仕様変更もしくは立地条件により、実際とは多少異なる場合があります。

もっと知りたいCLT

CLTは変色しない?

一般的な木材と同じように、経年の変色や日焼けはしますが、表面に塗装をすることで美観を保ちます。

CLTは割れに強い?

木の性質上割れることはありますが、一般的な木材と比べるとCLTは極端に割れが少ない材料です。

CLTは腐らない?

雨が直接かかる部分や、常に湿気がある箇所に使用しなければ腐ることはありません。
大東建託のオリジナルCLT工法は、CLTを外壁材で覆い、その間に通気層を設けているため、雨に濡れず湿気が抜ける構造です。

シロアリの心配は?

シロアリが生息しやすい基礎部分には、防蟻処理を行いますので心配ありません。

CLTの接着剤は、はがれたり、体に影響する?

国で定めた規格に沿って、強度や耐久性、安全性が確認された材料を使っているので安心です。

CLTの建物はなぜ工期が短いの?

CLTパネルの製造・加工は工場で行なわれるため、CLTの建物は鉄筋コンクリート造の建物と比べて現場施工が少ないことが特徴です。施工者の技術に左右されず短期間で高品質な建物を建てることが可能です。

そんなに木を伐って大丈夫?

適切な伐採は森林環境保全のために必要です。CLTの建物を建てることは木材の循環利用の促進につながります。

CLT×ECO
〜地球環境保全への取り組み〜

持続的な森林環境保全へ

木は成長過程でCO2を吸収し、炭素として固定します。炭素の固定量は成熟とともに減少するため、成熟した木を木材として切り出し、新しく苗木を植えることにより、炭素の固定サイクルを促進することが可能です。大東建託グループでは、建物の主要構造材として木材を使用(独自の木材調達ガイドラインを策定)することで、森林環境の保全と地球温暖化防止に貢献しています。

環境性能が高いCLT

CLTの建物は、鉄筋コンクリート造に比べてCO2排出削減効果があります。4階建て12戸のマンションの場合、CO2排出量の差は、約150t-CO2です。この削減量は、約34世帯が年間で排出するCO2量に相当します。
※建設時のCO2排出量及び森林更新の促進による炭素固定量を試算(当社調べ)

大東建託はSDGs(持続可能な開発目標)に賛同し、取り組みを推進しています。

関連するSDGs

大東建託の「環境への取り組み」はこちらをご覧ください。

商品ラインナップ

木のぬくもりをスタイリッシュにまとう

CLT Brand “Forterbre”

「強い」を意味する〈Forte〉と「木」を表す〈Arbre〉を組み合わせた「Forterb」。重厚でどっしりとした安定感をもたらすキューブ型の建物には2種類の木目カラーの外壁を配置。外観の自由な表情や、環境と調和する木のぬくもりを演出しています。現代都市の多様性を象徴するデザインに新しい生活への期待が膨らみます。

ページの終わりです