だいとくんの見所ポイント!

スイス戦の見所ポイント!

スイスの「堅守」を崩すために
必要なことは?

今回の対戦相手となるスイス女子代表はヨーロッパで最も実力を伸ばしているチーム。最大の特徴は組織的な守備力で、2012年以降に行われた30試合で、複数失点したのは、たった2試合しかない。なでしこジャパンとしては、ボールを素早く動かして、相手を揺さぶりながら、ここぞというタイミングでスピードアップして仕掛けたいところ。大柄な選手が多いスイスの守備陣を、技術と俊敏性に優れるFW陣がかき回せればゴールは見えてくる。

国際試合でタフさを増した
若い選手に注目!

なでしこジャパンは2016年4月の高倉麻子監督就任以降、海外での強化試合を積極的に行なってきた。最大の狙いは、これから主力になっていくことが期待される若い選手たちに、世界レベルを肌で感じさせること。球際での当たりの強さや、シュートレンジの広さなどを、日本とは異なる環境で経験したことで、若い選手たちは肉体的にも精神的にも強くなっている。6カ月ぶりとなる国内でのゲームで、一回り大きくなった新生なでしこジャパンを見せられるか。

サッカー専用スタジアムで
“なでしこ”が輝くか?

今回の試合会場となる長野Uスタジアムは、2015年に新しく完成したサッカー専用スタジアム。ピッチと選手の距離が近く、プレーする選手にとっては、観客の熱気を感じられる環境となっている。観客によって作り上げられたスタジアムの雰囲気は、選手たちにいつも以上のモチベーションを与えて、球際での激しい競り合いや、積極的なプレーを引き出す。サッカー専用スタジアムという最高の環境で見せるなでしこジャパンのプレーに注目してもらいたい。

日本女子代表招集メンバー決定!

GK

  • 武仲 麗依

    (INAC神戸レオネッサ)

  • 池田 咲紀子

    (浦和レッズレディース)

DF

  • 鮫島 彩

    (INAC神戸レオネッサ)

  • 宇津木 瑠美

    (シアトル・レインFC/アメリカ)

  • 熊谷 紗希

    (オリンピック・リヨン/フランス)

  • 高木 ひかり

    (ノジマステラ神奈川相模原)

  • 三宅 史織

    (INAC神戸レオネッサ)

  • 清水 梨紗

    (日テレ・ベレーザ)

  • 万屋 美穂

    (マイナビベガルタ仙台レディース)

  • 中村 楓

    (アルビレックス新潟レディース)

MF

  • 阪口 夢穂

    (日テレ・ベレーザ)

  • 中島 依美

    (INAC神戸レオネッサ)

  • 國澤 志乃

    (AC長野パルセイロ・レディース)

  • 猶本 光

    (浦和レッズレディース)

  • 中里 優

    (日テレ・ベレーザ)

  • 隅田 凜

    (日テレ・ベレーザ)

  • 長谷川 唯

    (日テレ・ベレーザ)

FW

  • 櫨 まどか

    (伊賀フットボールクラブくノ一)

  • 岩渕 真奈

    (INAC神戸レオネッサ)

  • 横山 久美

    (1.FFCフランクフルト/ドイツ)

  • 田中 美南

    (日テレ・ベレーザ)

  • 籾木 結花

    (日テレ・ベレーザ)

  • 上野 真実

    (愛媛FCレディース)

北 健一郎(スポーツライター)

サッカーやフットサルを中心に取材するスポーツライター。日本代表からJリーグまで日本サッカーを幅広く取材する。ワールドカップは3大会連続で現地取材中。「なぜボランチはムダなパスを出すのか?」「サッカー戦術とは何か?が誰でも簡単に分かるようになる本」など著書多数。