ページ内を移動するためのリンクです

エコプレカット工法

エコプレカット工法とは

『エコプレカット工法』は、『集成材+接合金物』と『画材耐力壁』を採用し、耐震・耐風性に優れ、環境に優しい建物を実現した工法です。

『エコプレカット工法』は『集合材+接合金物』で精度・強度を高めたフレームを採用しました。 構造用面材を外壁全面に張り、耐力壁として一体化した構造は、2x4工法と同等の高い耐震性を発揮します。工場でプレカットした集成材を施工現場で金物接合することで、現場廃材を大幅に削減することができる『環境に優しい工法』です。

『集成材とは』
木材を積層・接着させる事で、柱・梁など建物の骨組みに求められる必要強度を、高い精度で確保した木製資材です。
一般的な木材の1.5倍の圧縮強度を確保しています。
省令準耐火構造
住宅金融支援機構の認める『省令準耐火構造』にて設計され、火災保険が在来木造住宅と比べ安くなります。

エコプレカット工法の耐用年数は?

大東建託のエコプレカット工法の賃貸住宅は、概ね75年~90年の耐久性と定められた『劣化対策等級3』にて設定されている設計・仕様と同等の仕様を標準採用しています。

ページの終わりです