ページ内を移動するためのリンクです

鉄筋コンクリート造

鉄筋コンクリート造とは

鉄筋コンクリート造は、コンクリートと鉄筋の2つの材料の長所を生かし、一体構造とすることで高い耐震・耐風性を発揮する構造です。

高い耐久・耐震・耐風性

コンクリートは「押しつぶされる力=圧縮カ」に強く、鉄筋は「引っ張られる力=引張力」に強いという特性を持っており、それら2つの材料の長所を融合させ、優れた耐久性と耐震性を実現しているのが鉄筋コンクリート造です。

高い基本性能

鉄筋コンクリート造の建物は、柱・梁・壁を継ぎ目のない一体構造で造られているため、優れた遮音性、気密性・断熱性を持っています。
また、防火・耐火性能が非常に優れて、建築基準法でも「耐火構造」として認められています。火災保険の保険料も他の構造体に比べ低く設定されています。

杭基礎

建物の全荷重を基礎から杭、杭から支持地盤に伝えて建物を支えるこの工法は、主として中高層建築物で採用されています。

杭基礎概念図
杭基礎全体図

ページの終わりです