ページ内を移動するためのリンクです

変動リスクの対応

賃貸経営において必ず発生する、避けて通ることのできない収支変動リスクに対応します。

収入リスク

空室・家賃滞納時のリスク

35年一括借上

空室・家賃滞納時にも安定した収入が得られます。
一括借上の契約期間は35年。空室や家賃滞納にかかわらず、借上賃料をお支払いします。

駐車場、店舗などの事業用部屋も対応します。

なぜ、大東建託はできるのか

優れた客付け力があるから
大東建託では、当社管理物件のみを仲介する自社内「仲介専門スタッフ」と全国に展開する「直営の仲介店舗」を配置しています。さらに仲介専門子会社や、全国の提携不動産会社の活用などにより、96.9%の高い入居率を実現しています。

2017年3月末現在 居住用入居率

家賃相場変動時のリスク

借上賃料長期固定

家賃相場が下落しても長期固定のため安心です。
当初10年間の借上賃料固定
その後の更新は5年ごと(居住用)。周辺家賃相場が変動しても、借上賃料が長期固定のため安心です。

事業用部屋は当初3年間の借上賃料固定、その後の更新は3年ごと。

なぜ、大東建託はできるのか

円滑な家賃管理体制があるから
全国に配置した「管理専門スタッフ」が、家賃滞納発生時には直ちに督促業務を行い、円滑な家賃改修を実施。家賃滞納率は0.078%を実現しています。

全家賃管理戸数に占める遅れ家賃(1ヶ月を超える滞納家賃)の延べ月数の割合(2017年3月)

支出リスク

過去にともなうリスク

原状回復費負担なし

原状回復費は35年間オーナー様負担はありません。
入居者様が退去する際、オーナー様が負担されていた原状回復費は、大東建託グループ会社(大東建物管理)が負担します。

なぜ、大東建託はできるのか

独自の仕入れや施工体制があるから
年間退居件数224,083件のボリュームを活かし、大東建託では、資材などの大量一括仕入れや耐久性の高い床材・クロスなどの採用をはじめ、一貫した直接施工体制で原状回復費の低コスト化を追求しています。

2016年度

経年劣化におけるリスク

修繕費負担なし

修繕費は30年間オーナー様負担はありません。
建物の維持・保全のための修繕費を、オーナー様に代わって大東建託グループ会社(大東建物管理)が負担します。

31年目以降、建物の修繕に係る費用についてはオーナー様負担となります。

なぜ、大東建託はできるのか

修繕コストを徹底管理しているから
定期的な建物検査による修繕の早期対応や修繕メンテナンスを低減する建物プランなどの採用、耐久性の高い資材の導入など。賃貸建物管理戸数全国No.1のスケールメリットを活かし、効率的で計画的な修繕を実施し、コストダウンを実現しています。

2017年8月7日全国賃貸住宅新聞発表「全国管理戸数ランキング」より。

ページの終わりです