ページ内を移動するためのリンクです

建物賃貸事業による土地活用のポイント

安定した賃貸経営を行うためには、提案から運用までトータルでサポートできるパートナー企業が必要です。
大東建託が考える賃貸事業を成功に導くポイントを、様々な角度からご紹介します。

建物賃貸事業を成功に導く4つのポイント

  • 1多岐にわたる業務をトータルに提供できること
  • 2それぞれが専門的で質の高いサービスを提供できること
  • 3収入・支出の変動リスクに対応する仕組みがあること
  • 4パートナー企業自身が健全で存続し続けること

アパート・マンション経営は、土地診断から賃貸事業の企画立案、建物の設計・施工、入居者様募集・斡旋、そして建物の管理・運営に至るまで、非常に多岐にわたります。そのため土地所有者の皆様に対して、継続的に且つトータルにサポートできてこそ、信頼に値する賃貸経営のパートナー企業と言えるでしょう。
安定した賃貸経営を維持するためには、パートナー企業として次のポイントを実現できる仕組みやノウハウ、そして企業力が必要です。

収入の変動リスクを軽減するための4つのポイント

  • 1入居者の有無にかかわらず、毎月安定した収入が確保できること
  • 2入居者の家賃滞納時にも、安定した収入が確保できること
  • 3家賃相場の変動があっても、長期的に安定した収入が確保できること
  • 4借入期間に対応した期間について、安定した収入が確保できる仕組みがあること

空室の発生や家賃の滞納、あるいは家賃相場の変動など、家賃収入の変動リスクは様々です。

建物賃貸事業は、多くの場合、建築費用等の事業資金を金融機関からの長期間の借入れをして行われる事業です。収入を安定させるということは、建物賃貸事業を長期にわたり経営していく上で不可欠なポイントと言えるでしょう。

大東建託グループでは、35年の長期にわたり収入・支出両面における事業リスクに対応する、35年一括借上を導入した賃貸経営受託システムをご用意しています。
建物賃貸事業の収入面において変動を抑え、長期的に安定した収入を確保できる安心のシステムです。

支出の変動リスクを軽減するための4つのポイント

  • 1オーナー様が負担する原状回復費用の負担を軽減できること
  • 2経年劣化による修繕費用の負担を軽減できること
  • 3入居者とのトラブルによる、明渡し訴訟などの費用負担を軽減
  • 4事業計画に合わせ、無理のない借入金の返済が可能であること

建物賃貸事業がスタートすると、入居者が退去した際に発生する原状回復費用や経年劣化による修繕費用、明渡し訴訟に伴う費用負担等、支出面における変動リスクは様々です。

こうした支出を予測し、さらに変動要素を抑えることで、長期にわたる安定経営が可能となります。

35年一括借上を導入した賃貸経営受託システムでは、入居者の退去に伴う原状回復費用や経年劣化による修繕費用など、支出変動リスクに対応するプランをご用意しています。

35年一括借上を導入した、賃貸経営受託システムを支える4つのポイント

  • 1立地や市場特性にあわせた間取り、家賃設定など、長期的な観点で賃貸事業計画が実現できること
  • 2常に高い入居率を維持し、確実に家賃を徴収できる仕組みがあること
  • 3定期的な建物点検や、原状回復・修繕の対応など、きめ細やかな建物管理が実践できること
  • 4一括借上を長期にわたり継続して運営するため、パートナー企業自身が優良な財務内容を維持していること

どんな会社でも一括借上をしてくれれば、全てが安心という訳ではありません。
一括借上をするパートナー企業には、オーナー様に代わって長期にわたる賃貸事業の経営を代行するための優れた総合力が必要です。

長期にわたる賃貸事業を行うために、パートナーとなる会社には、高い管理・運営能力や健全な財務内容、さらには賃貸事業における経営効率を高めオーナー様の資産価値向上を実現するための実績やノウハウなどが必要不可欠な要素と言えるでしょう。

賃貸建物に求められる要素とは

  • 1オーナー様の事業目的を満たす工法・建物であること
  • 2長期にわたり様々な入居者に選ばれる建物・間取り等であること
  • 3長期事業経営を支える高い耐久性やメンテナンスコストの低減を実践していること

建物賃貸事業は30年を超える長期的な事業経営です。そのため、賃貸建物には、長期安定経営を支えるための3つの条件があります。

特に入居者の方々に選ばれる魅力ある賃貸住宅であることは、今後益々重要な要素となるでしょう。賃貸経営をサポートするパートナー企業の商品力が、空家率を大きく左右すると言えるでしょう。

ページの終わりです