ページ内を移動するためのリンクです

建物賃貸事業による土地活用のメリット

建物賃貸事業による土地活用を行うことで、安定した収入だけでなく、納税資金の確保、土地の租税公課の軽減といった様々なメリットが得られます。また、相続対策や資産継承にも有効です。

「収益」におけるメリット

1 定期的な安定収入を長期にわたり自己年金とすることができます

  • 建物賃貸事業は収入・支出の計画や予測のしやすい事業です。
  • 建物賃貸事業の性格は、「定期的・安定的・長期的」を必要とする自己年金の性格に向いています。
  • 事業計画~管理運営・保証等トータルサポートで、更に安全・安心な事業とすることができます。

2 自己資金の運用先として、安定した利回りを確保できます

  • 金融商品の利回りが低迷する中、より安全で利回りの良い運用先としても建物賃貸事業は有効です。

「税金」におけるメリット

1 土地の固定資産税・都市計画税の納税原資を確保することができます

  • 年金からの土地保有に対する税金支出は大きな負担となります。
  • 建物賃貸事業の収益から土地の固定資産税・都市計画税を支払うことができます。
  • 更に、居住用建物賃貸事業なら、土地の租税公課の軽減ができ、尚かつ、納税資金を建物賃貸事業の収益から支払うことができます。

2 相続対策にも有効です

  • 建物賃貸事業なら、収入を確保しながら相続対策を図ることができます。
  • 相続税の評価減対策、納税資金確保など様々な対策ができます。

「資産」におけるメリット

1 次世代の自己年金づくり、そして資産継承としても有効です

  • 我々の世代より更に、自己年金の確保が必要となる子供たちの世代。早期に建物賃貸事業を開始することで、次世代の自己年金確保や、資産継承にも有効です。

ページの終わりです