成長戦略

賃貸住宅にできることを、もっと。

2016年3月期業績

株主還元・配当性向

事業環境と当社事業

2017年3月期計画

持続的成長のための取り組み

中期経営ロードマップ

持続的成長のための取り組み 持続的な成長に向け、競争優位の基盤を強化していきます。

持続的な成長を実現するために、「賃貸経営受託システム」を軸とする私たち独自のビジネスモデルを成長力の源泉に、競争優位の基盤を一層強化していきます。

全国で事業を営む当社グループが持続的に成長していくためには、地域社会の活性化が欠かせません。私たちのビジネスモデルは、都心部だけでなく、全国各所にいらっしゃるオーナー様と共にあります。各地域の皆様と連携し、地域のイベントへの積極的な参加や建築現場での近隣地域の皆様と交流できるイベントを開催するなど、地域社会とお客様と当社との関係づくりを進めてまいります。

建築現場などで発生する廃棄物の削減、賃貸住宅の屋根賃貸による太陽光発電など、自然エネルギーの活用にも積極的に取り組み、地球環境の保全にも努めます。

人材の採用・育成についても中長期的な成長に欠かせない重要な課題であると認識しています。特に、営業人材は当社の事業推進力を左右することから、その「量(人数)」の確保と「質(効率)」の高度化に資する採用・育成プログラムを準備しています。加えて、ダイバーシティやワーク・ライフ・バランスなどに配慮した職場環境づくりを進めることで、従業員一人ひとりが効果的に能力を発揮できるように努めています。

さらに、株主・投資家様をはじめとするステークホルダーの皆様にとって適切なコーポレートガバナンスを確立し、透明性・効率性の高い経営を約束します。企業価値の最大化に向け、経営の意思決定と監督体制をしっかりと組み立て、迅速かつ効率的に事業を推進していきます。加えて、当社の理念や戦略に適った社外取締役を積極的に迎え入れることで、彼らの経験やノウハウを有効活用し、経営力の強化に努めてまいります。

今後も、私たち大東建託グループは、企業価値を最大化していくために、ビジネス展開力の強化と企業基盤の充実に取り組み、より力強い成長を果たしていくことで、ステークホルダーの皆様の期待に応えていきたいと考えています。

前のページへ

次のページへ

企業情報