成長戦略

2016年3月期業績

株主還元・配当性向

事業環境と当社事業

2017年3月期計画

持続的成長のための取り組み

中期経営ロードマップ

2017年3月期計画 2017年3月期においても、9期連続の増収増益を目指します。

2017年3月期は、2021年3月期を見すえて策定した中期経営計画のもと、各事業分野で重点項目を定め、邁進していく所存です。

建設事業では、当社グループの強みである施工体制を充実させるために、地元パートナー様との関係構築をさらに強化してまいります。また、原価抑制などによる販売価格の引き下げなど、コスト競争力を継続的に高める必要があります。営業力の強化においては、土地オーナー様の資産承継ニーズへの対応力を向上させるために、人材の採用および育成に注力し、業界最強の営業組織づくりをいかに進めることができるかが持続的な成長に不可欠だと考えています。さらに、土地オーナー様のニーズに対応したサービスの拡充も欠かせません。管理型信託会社「大東みらい信託(株)」と連携した、円満・円滑な資産承継を実現する総合的なコンサルティング活動に力を入れ、お客様満足度の向上を図っていきます。

不動産事業では、テレビCMやソーシャルメディアに加えて、LPGA(一般社団法人日本女子プロゴルフ協会)ツアーの主催などを通じて、引き続き賃貸仲介ブランド「いい部屋ネット」の浸透を図っていきます。またクレジットカード決済対応や連帯保証人不要サービスなどを拡充し、入居者様の利便性向上にも継続して取り組みます。さらに、新ブランド「DK SELECT」によるプロモーション展開や24時間365日対応の「ネット店舗」の開設など、成約プロセスの拡大に力を注ぎます。

その他事業では、「エネルギー」「介護・保育」「海外事業」を「新コア事業」と位置づけて、事業を拡大していきます。「エネルギー事業」では電力小売事業への参入、「介護・保育事業」では少子高齢化へ対応した介護・保育サービスの拡大などを積極的に推進します。また、「海外事業」としては、米国の大型不動産施設への投資をはじめ、その他海外不動産事業の開発・発掘を促進します。さらに、国内での総合アセット・マネジメントサービス展開にも引き続き注力し、コア周辺ビジネスの拡大を図ります。

前のページへ

次のページへ

企業情報