価値創造活動

海外事業

当社グループは、「建設+不動産」の「コア事業」で蓄積したノウハウを生かし、海外事業展開を進めています。

アジアにおいては、マレーシアのクアラルンプールに、自社で開発した5スター高級ホテル「ルメリディアンクアラルンプール」を所有しています。また、2017年11月には、同ホテルに隣接した「ヒルトンホテル」を経営するDaisho Asia Aevelopment(M)Sdn.Bhd.の全株式(約137億円)を取得しました。

米国では、現地デベロッパーと共同で開発した賃貸マンションを、DAITO KENTAKU USA LLCを通じて保有しています。今後も、対象国の法整備状況やマーケット状況などを見極めながら、海外での収益不動産開発・保有・管理運営を検討していきます。

マレーシアに所有するホテル左:ヒルトンホテル 右:ル メリディアン

マレーシアに所有するホテル

左:ヒルトンホテル 右:ル メリディアン

アクション

社会変化に対する対応

  • 米国では、サブプライムローン問題の発生以降、主に若年層を中心に住宅取得率が低下し、賃貸住宅の需要が拡大しています。

  • 米国における賃貸需要の拡大

矢印右 矢印下
  • 海外有望市場で不動産開発・投資を促進

  • 大東建託(株)は米国において、現地の有力な不動産開発会社であるコムストック社とともに、ワシントンDC郊外に21階建て448戸の賃貸マンション開発を行いました。2016年4月に完成し、2017年には稼働率95%に到達しました。今後も同賃貸マンションの稼働率と家賃動向を注視しつつ、米国での新たな不動産開発事業を検討していきます。

  • 防犯設備の一例

前のページへ

次のページへ

企業情報