価値創造活動

建設事業

事業概況

成長ドライバー

アクション

不動産事業

事業概況

成長ドライバー

アクション

その他事業

エネルギー事業

介護・保育事業

海外事業

その他事業(金融など)

非財務活動

人財

環境

海外事業

事業概況

マレーシアと米国で事業展開

大東建託グループでは、「建設+不動産」の「コア事業」で蓄積したノウハウを活かした海外事業展開を進めています。

アジアにおいては、マレーシアのクアラルンプールに、自社で開発した地上35階420室の5スター高級ホテル「ル・メリディアン・クアラルンプール」を所有しています。また米国では、現地デベロッパーと共同で開発した賃貸マンションを、DAITO KENTAKU USA, LLCを通じて保有しています。

今後も、対象国の法整備状況やマーケット状況などを見極めながら、海外での収益不動産開発・保有・管理運営を検討していきます。

アクション

海外有望市場で不動産開発・投資を促進

堅調な国内賃貸住宅市場に注力しつつ、「コア事業」で蓄積した建設、入居者斡旋、管理などのノウハウを海外有望市場でも展開することを検討しています。

米国においては、現地の有力な不動産開発会社であるコムストック社と共に、ワシントンDC郊外に21階建て448戸の賃貸マンション開発を行いました。2016年4月に完成し、現在、入居者斡旋・管理運営を開始しています。特に米国は、長期的に安定した経済成長が見込め、透明性の高い不動産マーケットが整備されていると考えています。今後も継続的に不動産開発・投資を行っていくとともに、成長が著しいアジア市場においても、不動産開発・投資事業を検討していきます。

前のページへ

次のページへ

企業情報