価値創造活動

建設事業

事業概況

成長ドライバー

アクション

不動産事業

事業概況

成長ドライバー

アクション

その他事業

エネルギー事業

介護・保育事業

海外事業

その他事業(金融など)

非財務活動

人財

環境

介護・保育事業

事業概況

少子高齢化に合わせ、介護・保育関連事業を強化

ケアパートナー(株)では、全国77のデイサービスセンターの運営を行っており、年間延べ利用者数は100万人以上にのぼります。また、お客様のご自宅で「身体介護」「生活援助」を行う訪問介護事業、住み慣れた地域での自立した生活支援のため、お客様とサービス事業者のパイプ役となり、介護に関する様々なご相談に応じる居宅介護支援など、多岐にわたる介護サービスを提供しています。さらに、保育事業を展開する「キッズパートナー」では、2017年6月現在、14の保育施設を展開・運営しています。今後も少子高齢社会に合わせ、介護・保育に関連する事業の強化を図っていきます。

アクション

介護・保育業界の発展に寄与

要介護認定者数が年々増加する超高齢社会において、介護業界を目指す方々の支援や、介護業界に興味を持っていただく活動は欠かせません。

ケアパートナー(株)では、2018年4月より、新卒新入社員を対象に入社後5年間奨学金返済の支援をする「奨学金支援制度」を導入します。奨学金返済における滞納金額の増加が社会問題化する中、介護業界を志望する人材の発掘や介護業界発展への貢献を目指し、導入を決定しました。

また、2017年3月期、創業20周年記念として取り組んだ「元気創造プロジェクト」の一環として、学校法人・専門学校東京モード学園と連携し、各施設スタッフが着用するユニフォームのデザインコンペを開催しました。77作品の中から最優秀賞に選ばれた作品は、2019年3月期より、ケアパートナー(株)のユニフォームとして順次採用される予定です。ご利用者様やスタッフがより快適に過ごせる環境を整えるというだけではなく、普段馴染みの少ない介護・保育の現場について、学生の方々に理解していただける機会となりました。

今後も社会に向けて介護・保育現場の状況を発信する とともに、社会の方々と交流を持つことで、社会に貢献する企業として事業を拡大していきます。

前のページへ

次のページへ

企業情報