価値創造活動

建設事業

事業概況

成長ドライバー

アクション

不動産事業

事業概況

成長ドライバー

アクション

その他事業

エネルギー事業

介護・保育事業

海外事業

その他事業(金融など)

介護・保育事業

事業概況

体制を充実させ、介護・保育事業を強化

「ケアパートナー(株)」では、デイサービスを中心とした介護事業に取り組んでおり、全国で73のデイサービスセンターを運営しています。また、これまで運営してきたデイサービスのノウハウを活かし、高い介護技術を持った介護スタッフが、お客様のご自宅で「身体介護」「生活援助」などのサービスをご提供する訪問介護事業所を2015年3月にオープンしました。

また、2013年にスタートした保育所事業「キッズパートナー」は、2016年4月現在、横浜市と神戸市に11の保育所を展開しています。今後も少子高齢社会に合わせて介護・保育事業の強化を図っていきます。

アクション

社会のニーズに合わせた、介護・保育サービスの提供

大東建託グループでは、医療・介護分野のエキスパート「(株)ソラスト」と株式譲渡契約を締結し、2015年12月に株式を取得しました。この資本業務提携により、「ケアパートナー(株)」と「(株)ソラスト」を両輪として介護・保育事業の拡大を推進していきます。「ケアパートナー(株)」が介護においてはデイサービス、保育においては小規模認可を中心とするのに対し、「(株)ソラスト」は訪問介護、認証保育所を中心としており、両社は互いの強みを補完する関係にあります。

「ケアパートナー(株)」では、噛むことを容易にした「やわらか食」の提供を2015年10月より開始しました。食材の見た目はそのままの形で、噛むことを容易にし、舌と上顎でつぶして食べられる、新ジャンルの食事形態です。

さらに、福祉用具の貸与・販売を行う「柏・ふくしようぐセンター」を2016年3月に開設しました。電動ベッドや車椅子、歩行器などの福祉用具を活用して、少しでもご利用者様の生活範囲を広げることで、日々の生活を安全・安心に過ごし、かつ生活の質の向上を図ることを目的としています。今後も高齢者向けの新しいサービスを創造していきます。

前のページへ

次のページへ

企業情報