価値創造活動

エネルギー事業

LPガス供給戸数が二桁成長

ガスパルグループは、大東建託グループが建築する賃貸建物を中心に全国でLPガス供給事業を展開しています。2018年3月期の(株)ガスパルの売上高は250億円(前期比5.9%増)、売上総利益は107億円(同12.0%増)、営業利益は42億円(同12.0%増)でした。また、LPガス供給戸数は30.8万戸(同10.4%増)まで増加しました。

一方で大東エナジー(株)の電力供給サービス「いい部屋でんき」は、電力市場価格の高騰とシステム回収の困難を理由とし、事業を縮小しました。しかしながら、住まいを提供する当社グループにとって安全で質の高いエネルギーの提供は不可欠です。今後も管理建物へはもちろん、すべての住まいの価値向上につながるエネルギーサービスを提供しています。

アクション

  • 都市ガス自由化に伴い、2017年4月から2018年4月月末までの契約先の切り替え申込件数は全国で約93万件にのぼりました。

  • 次に引っ越すときに欲しい設備

矢印右 矢印下
  • 自分らしい暮らしを実現する

  • (株)ガスパルは、2017年4月より開始された都市ガス自由化に伴い、2017年12月より東京ガス(株)の供給区域にて、都市ガス事業「いい部屋ガス」を開始しました。自由化された都市ガス市場においては、ガスの使用量が増えると単価が下がるという料金体系が一般的ですが、「いい部屋ガス」ではガス使用量に関わらず、東京ガス(株)が提供している一般料金から一律3%割引の料金にてガスを提供することで、世帯人員の少ない賃貸入居者様にもご満足いただけるサービスとしています。今後も順次、供給対象エリアを拡大予定です。

  • 防犯設備の一例

前のページへ

次のページへ

企業情報