価値創造活動

その他事業の事業概況

各サービスとも利用者拡大により売上・利益が大幅増

その他事業では、ガスパルグループのLPガス供給戸数の増加、ケアパートナー(株)のデイサービス施設利用者数の増加、少額短期保険ハウスガード(株)の契約数の増加等により、売上高は579億円(前期比19.5%増)、売上総利益は204億円(同34.2%増)、営業利益は108億円(同45.6%増)と大幅に拡大しました。

2019年3月期の売上高は570億円(当期比1.7%減)の見通しですが、コアビジネスとのシナジーが高い事業に注力することで、売上総利益は224億円(同9.5%増)、営業利益は117億円(7.5%増)を見込んでいます。今後も当社グループは、コア事業に匹敵する新規収益分野での事業化を目指し、新コア事業と位置付けている「エネルギー事業」「介護・保育事業」「海外事業」を中心としたその他事業の強化を積極的に進めていきます。

2017年3月期実績

  

前のページへ

次のページへ

企業情報