価値創造活動

不動産事業の成長ドライバー

不動産事業の成長ドライバー

成長ドライバーに対する対応

入居者斡旋件数

入居者様の利便向上、および当社グループの業務効率化を目指し、積極的にIT先端技術の導入・活用を推進しています。

大東建託(株)では、より手軽でスピーディなお部屋探しを提供するため、AI(人工知能)を搭載したチャットボット「AIラビット君」を開発し、2017年12月より大東建託リーシング(株)では、国土交通省のガイドライン改正に合わせ、賃貸借契約の際に対面での説明が義務付けられている「重要事項説明」を、テレビ電話システムを用いてオンラインで行うことができる「いい部屋ネットオンライン重要事項説明」を2017年11月よ導入しました。これにより、入居者様ご自身のスマートフォンやタブレット、カメラつきパソコンなどを利用して重要事項説明を受けられるようになりました。今後も利便性の高い機器やサービスを積極的に活用し、時間や場所に制約されないお部屋探しサービスを提供することで、入居者斡施件数の拡大を図ります。

入居率

今後増加が見込まれる外国人労働者や外国人留学生にとって、住居の選択はその後の生活を左右する重要な要素であると考えています。慣れない環境でも安全・安心に暮らしていただくため、当社グループでは外国人入居者様サポートを徹底しています。

大東建託(株)では、ガイコクジン専門の保証機関(株)グローバルトラストネットワークスと提携し、外国人専門の賃貸住宅保証サービスを導入しています。これにより、外国人入居社様にとって大きな負担となっている保証人探しが不要となり、契約から入居までスムーズに進めることができます。また、2018年5月より、外国人入居者様が理解しづらいゴミの出し方や家賃の支払い方など、日本での生活におけるルールやマナーをポイントを押さえて紹介する、5ヵ国語に対応した「新生活サポート動画」の運用も開始しました。

新生活サポート動画イメージ

前のページへ

次のページへ

企業情報