価値創造活動

建設事業

事業概況

成長ドライバー

アクション

不動産事業

事業概況

成長ドライバー

アクション

その他事業

エネルギー事業

介護・保育事業

海外事業

その他事業(金融など)

非財務活動

人財

環境

不動産事業の事業概況

2017年3月期は売上高・営業利益ともに大幅に伸長

不動産事業では、「賃貸経営受託システム」による一括借上家賃収入の増加や、「連帯保証人不要サービス」の収入拡大などにより、売上高は8,246億円(前期比+6.4%)、売上総利益は727億円(前期比+16.1%)と大幅に伸長しました。

入居者斡旋件数は、賃貸仲介ブランド「いい部屋ネット」の新しいCM放映や年間プロモーションに注力した結果、281,476件(前期比+5.4%)となりました。また、期末の賃貸住宅家賃ベース入居率においても96.9%(前年同月比+0.1P)と、前期に引き続き高水準を維持しています。

2017年3月期実績

2018年3月期は、大東建物管理(株)から社名変更した「大東建託パートナーズ(株)」、大東建託(株)の不動産仲介部門を分社化した「大東建託リーシング(株)」により、入居者斡旋活動のさらなる効率化を図ります。また、「いい部屋ネット」の浸透強化に向けて、LPGA(一般社団法人日本女子プロゴルフ協会)ツアートーナメント「大東建託・いい部屋ネットレディス」の開催や販売促進キャンペーンの実施など、ファン層の拡大や知名度向上のための施策にも継続して注力します。

完成工事高/完成工事総利益率 完成工事総利益 受注工事高/建築営業人員数 当社賃貸住宅着工戸数/当社賃貸住宅着工シェア

前のページへ

次のページへ

企業情報